ブリの刺身を砂糖醤油で食べる   ( 大紀町錦  )

伊勢志摩きらり千選
推薦のことば
漁師料理の一つで、ブリの刺身を砂糖醤油で食べますが、新鮮で脂ののったブリは醤油をはじくぐらい。おっかなびっくりで食べてみると、とても美味しく、疲れた漁師の糖分補給の料理だそうです。(紀勢町、44、男)
40代以下では少数派?
 さて、錦ではどの程度「ぶりの刺身を砂糖醤油で食べている」のか、漁港周辺で錦の人に直接、聞いてみたのが下の表です。
 出会った人々(特に年配者)の話を聞き、それらを下に、筆者流儀にまとめると以下になります。

●砂糖醤油派は年配層に多く、若い層では少数である。
●その起源は、推薦の言葉通り、漁労での激しい労働を支える有効な
 糖分補給であった。
●「鼈甲寿司」「てこね寿司」など類似の食感のものがあり、刺身を
 砂糖醤油で食べることは、それほど特異なことではない。
●砂糖が未だ貴重品であった時代では、「甘さ=うまさ」であり、
 珍重されたが、食生活が豊かになると、全体としては、刺身に
 砂糖を求める傾向は減り、個人的な嗜好としてだけ残る。

「ずけ(漬け)」にして良く食べる
色々な意見から抜粋しますと、

●刺身は醤油にわさびだけど、刺身の残りを「ずけ(醤油に砂糖を少し入れて漬ける)」にして(ご飯に載せて)食べますよ。
●「ずけ」にしたものを「べっこ(鼈甲)寿司」にして、よく食べます。
●ウルメ(鰯)とかアジは砂糖醤油で食べますが、ブリはただの醤油で食べます。
●船では「めっぱ」(曲げ物の弁当箱、ご飯が入っている)に砂糖醤油をつけた刺身を上に載せ、お茶をかけて食べるんだ。

尚、聞き取りの中で、刺身は大嫌いだという方が二人あり、表にはいれていません。

              2005-8−14〜15錦にて調査
私もオススメ


あなたのオススメ意見をおまちしています。
意見を書き込む方は、「オススメする」からどうぞ。
オススメする

インフォメーション  

 

関連ページ
てこね寿司 塩浜遊歩道 ブリ沖見台から見た熊野灘
ブリのベッコウ寿司

戻る
HOME / アクセスマップ