普賢山、八幡山(古里、若瀬にまつわる昔話)   ( 大紀町永会 )

伊勢志摩きらり千選
 
             拡大または別画像へ 2005−3−25撮影
                               

古里の
 八幡山

大紀町大字永会にある2つの山、古里の八幡山(134m)と若瀬(わかぜ)の普賢山(?m)は、藤川を挟んで対峙しています。

古里の八幡山には八幡宮が祀られ、普賢山には普賢菩薩が祀られています。神様と仏様が向かい合っておられるわけです。

ここにも倭姫の逸話

「昔倭姫が宮川の上流藤川へ土をもってきてそのまま置いてしまったという話の山」 古里、若瀬の地域は、この昔話がぴったり収まる、自然に抱かれた静かな里です。

 南北を山に囲まれた平地にこんもりとした小さな山二つ、八幡山と普賢山、倭姫の置き土産です。


          拡大または別画像へ 2005−3−25撮影
                              

若瀬の
 普賢山

 地図にも標高が出ていないくらいの小さな丘です。

 頂上と思しきところにコンクリーとの祠があり、中に厨子に収められた約15cm高の象にのった普賢菩薩が祀られていました。 


インフォメーション  

大紀町大字永会字古里、字若瀬。

推薦のことば
普賢山、八幡山は同じくらいの大きさのこんもりした山。昔倭姫が宮川の上流藤川へ土をもってきてそのまま置いてしまったという話の山。本当かどうかは不明の昔話。(大宮町、46、男)
私もオススメ

あなたのオススメ意見をおまちしています。
意見を書き込む方は、「オススメする」からどうぞ。
オススメする
関連ページ
 
大宮町木屋と横谷との間にある地蔵さん
大宮町永会の伊良子清白の碑
大宮町藤坂峠の国見岩
お葉つき銀杏(いちょう)
 
   
   
戻る
HOME / アクセスマップ